【保存版】冬の乾燥対策!手作りアロマクリーム作り方の簡単3レシピ

cream

乾燥シーズンを迎えましたね ><;

最近、乾燥による痒み肌で困っているという声をよく伺います。
ご自分の乾燥肌はもちろん、デリケートなお肌のお子さん、ご家族を心配する声も多いです。

kayui

・お子さんの場合は、乾燥シーズンで特に掻き壊しがひどくなった!という声も。。。
(無意識にお肌を掻いてしまうので、お母さんが気づいたときにはかなり、、、という場合も)
・寝ているときに痒くて目覚めてしまい、睡眠不足に。。。
などなど。
掻き壊したお肌には、皮膚科での治療が必要ですね。
しかし、その前に
・予防で使う
・お薬で良くなった状態をキープしたいというとき
アロマクリームは、とても便利なんです♪

 

手作りアロマクリームを使う7つのメリット

カモミール

メリット1:香りだけではない!アロマの魅力

アロマは香りだけではなく、病院ででるお薬と共通する成分もあり!

精油の中の成分の作用を利用すると、お悩み別で使い分けらます

Lesson2

参考:さらに知りたい方へ→”精油を使うメリット”に詳しく書きました

 

メリット2:デリケートなお肌にも、安心して使える!

手作りの魅力は、自分で全て材料が分かること!

自分で作るので、全ての材料を自分の目で見て選べ、添加物など使わないで作れます
シンプルな材料だけで作れるので、デリケートなお肌の方に使えます

防腐剤を含め色々なものが入っている市販品では、何に反応して痒みが出ているか分からないですよね。
自分で作ったものはすべて目に見えた形であるので、何が痒みの原因がチェックできやすい!
デリケートなお肌の人は、駄目なものが多いと思います。
言い換えると、大丈夫なもののみをチェックして使っていけばよいので、デリケートなお肌の人にも安心して使えますね^^

biyou

自分の目で、お肌で体感して、大丈夫なものを、いつでも手に入れられるということは、自分の健康を守るための大事なことだと思っています。

 

メリット3:自分のお肌の状態を観察できるようになる♪

防腐剤を入れないことで、こまめに作る必要があるのはデメリットともいえます。
しかし、それは、添加物も入れないで良いので、デリケートなお肌の方に安心して使えます

さらに、自分のお肌に適した状態のものを見直して作り替えられる”メリット”にもなるのです^^

 

自分のお肌の状態を観察して良く知ることが、セルフケアの大切な第一歩

セルフケアにアロマテラピーはとても役に立つツールです♪

 

メリット4:家族全員で共有でき、用途を限る必要がないクリーム

フェイスクリーム、ボディクリーム、リップクリーム、かかと用になど沢山の用途別クリームが市販されています。
濃度を考えて作れば、上記に挙げた場所以外にも、全身どこにでも使えます。

必要なものを1個作り、全身に使えるので、結果としてシンプルなケアになります。
シンプルケアなら、デリケートなお肌への負担が減り、良いことだと思いませんか?

group_family

もちろん、色々な年代の方にも関係なく使えます
(*濃度や使う精油が限られる場合がありますので、ご注意ください)

 

 

メリット5:一人一人のニーズに対応できる応用力もあり!

今はこういう状態だから、この精油に変えよう!など症状別に対応できます
上記と反対のように聞こえるかもしれませんね^^;

共通のものばかりではなく、●●用!などスペシャルな用途に使えるので、家族一人一人のニーズに答えることもできるのです♪
精油事典
それは難しいわけではなく、精油を用途別に変えること!
精油の成分を選べな良いだけなんですよね♪
このケモタイプ精油事典や処方箋集は、私にとって、不可欠なもの!

 

メリット6:簡単に手作りできるものばかり

手作りの魅力は、自分で全て材料が分かること!

お菓子作りのような繊細で難しい作業は、必要ありません。
温める、混ぜるなどができれば、OK!
材料がそろえば、10分くらいで作れますよ^^

一回作ったらそんなに難しい作業ではないとわかります!
二回目以降は気が付いたときに、ササッと作れるようになります

 

メリット7:手作りクリームを作るのは癒やしタイムにもなる

寒い冬には、インドアに限ります!
40代の私には、ウィンタースポーツもすっかりご縁がなくなりました^^;
ただ寒いからと家に長く籠ると、気分が滅入ってしまうこともありませんか?

filipendula-ulmaria-1526400_1280

精油の香りを楽しみながらクリームを作る時間は、アロマ効果で気分も上がります!
手を動かしてクリームを練っている時間は、優雅な癒し時間になるのですよ♪

試したら、納得!!!という方ばかりです。
ぜひ、あなたも試してみてくださいね^^

 

ここまでメリットを見ていかがでしょうか?
こんなメリットがたくさんあるアロマの手作りクリーム、さっそく実際の作り方をご紹介していきましょう!

 

クリームの作り方、レシピ

cosmetic_cream

みつろうクリーム★リップクリーム

<材料>
みつろう1g
ホホバオイル6g

<作り方>
耐熱容器に材料をすべて入れて、湯煎します(レンジで5秒ずつ、こまめに見るならレンジでも良いですよ)
みつろうの固まりがすべて溶けたら混ぜます。
精油を入れる方はここで入れてから、容器に移します。
容器の中身が固まったら、出来上がり♪

注意)
リップ容器に入れる場合は、ホホバオイルの量を5gにすると少し硬めのクリームになります。
リップ容器は手が汚れないので、外出先でも便利です♪(目元の保湿にも便利^^)

lipchap

保湿アップ★シアバター入りクリーム

<材料>
みつろう1g
シアバター1g
ホホバオイル5g

<作り方>
耐熱容器に材料をすべて入れて、湯煎します(レンジで5秒ずつ、こまめに見るならレンジでも良いですよ)
みつろう・シアバターの固まりがすべて溶けたら、よく混ぜます。
精油を入れる方はここで入れてから、容器に移します。
容器の中身が固まったら、出来上がり♪

 

浸透力に優れる★美肌用クリーム

<材料>
ファーナスペレット4g
シアバター1g
ホホバオイル6g

<作り方>
耐熱容器に材料をすべて入れて、湯煎します(レンジで5秒ずつ、こまめに見るならレンジでも良いですよ)
ファーナスペレット・シアバターの固まりがすべて溶けたら、よく混ぜます。
精油を入れる方はここで入れてから、容器に移します。
容器の中身が固まったら、出来上がり♪

 

目的に合わせた精油の選び方

痒み肌ケアには、
ラベンダーアングスティフォリア
カモマイルジャーマン
リトセア
ブラックスプルース

それぞれ、違った成分の精油です。香りもチェックしてくださいね!
個々の精油の紹介はクリックすると、詳細へリンクをつけました。

これ以外の目的は、精油の選び方はこちらの”体調別お悩み”にあるので、目的に合わせて選んでくださいね♪
また、メルマガでは、”今の季節に合わせた”セルフケアをご案内しています^^
2週間ごとに発行しています。忘れないうちに、すぐ登録してくださいね!

最後に、大切なことを一つ★
自分にとって、良い香りも大事なので、実際の香りを試してからがとっても大切です。
お好きな香り&目的に合うものを選んでくださいね^^

 

 クリームに使う基材の紹介

ホホバオイル

ホホバオイルは、ホホバの実から採れる植物油です。
化学的組成でみると、常温で液状のワックス(wax)です。
人間の皮脂と同じ性質の油ですし、ワックスはカバー力が強いのが特徴です。

みつろう

beewax

みつろう(蜜蝋)は、蜜蜂が巣を固めるために分泌しています。
常温で固形のワックス(wax)です。ワックスはカバー力が強いのが特徴です。

ファーナスペレット

ココヤシやアブラヤシから採れる常温で固形の植物油です。
前述のミツロウ(wax)に比べ、植物油(Oil)のため、浸透力があります。
私は、美肌ケア用のクリームを作るときにこちらを使います。

シアバター

シアの実から採れ、常温ではバター状の硬さになることからシアバターと呼ばれます。
上記2つと違って、クリームとして固める力は少ないですが、保湿力アップに加えます♪

人肌くらいの温度で、溶けます。コレだけでクリームを作ると持ち歩きには不便です。
(温度が暖かければ、溶けてしまいます。クリーム容器に入れても漏れる可能性あり!)

 

手作りクリームを使う上での注意点

手作りだから、植物性だから、すべて安全とは限りません
下記の点を必ず読んでくださいね!

市販品のような添加物を含まないので、腐りやすいので、1か月を目安に使い終わりください
もしくは、嫌な感触や臭いになったと感じたら、止めてください(保管状況・環境によって、変わりますので)
*上記の”メリット3”を見直してくださいね。

自分のお肌の状態が良くない方へ変わったと思ったら、お肌に合わない可能性も考えてください!
特にアレルギーがあり、お肌の状態が良くないときに、精油に敏感に反応する場合もあります。
精油を入れないで使うなど、シンプルなレシピから始めるのも良いです。
*上記の”メリット3”を見直してくださいね。

■まとめ

・シンプルな材料だけで作れるので、デリケートなお肌にも安心して使える
・自分のお肌に適した状態のものをいつでも作れるようになる
・シンプルケアなため、 全身どこにでも使える
精油の成分を利用すると、必要な目的に合わせ対応できる応用力がつく

 

手作りクリームを作ることで、自分のお肌の状態を観察して良く知ることが、セルフケアの大切な第一歩!
セルフケアにアロマテラピーは、とても役に立つツールです♪

 

特に、アロマの基本となる精油の成分をしっかり学ぶには、ナードアロマ協会がお勧めです。

 

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTimeスクール代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

季節に合わせたセルフケア情報をお届けしています

アロマテラピーやフラワーエッセンスなど植物療法で、セルフケアをしたい方に

季節に合わせて、精油やフラワーエッセンスを使った自宅でできるセルフケア情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、

セルフケア情報をメルマガで配信しています。

メルマガ登録は、無料です。