初心者向け!アロマ協会の種類・認定資格の違いを比較

アロマをこれから学ぼう!と思っている初心者さん向けに、アロマ協会の違いや認定資格をご紹介しますね^^

アロマは、大きく分けると、フランス式とイギリス式に2つの流派に分かれます。
・精油に含まれる成分を学ぶことを重視するフランス式アロマ
・癒しやリラクゼーションを重視するイギリス式アロマ

日本は1980年代にアロマテラピーが伝わってきました。そして、1986年頃から下記の協会ができました。
今はもっと多くの協会が様々ありますが、元々あった協会から発展した協会も多くあること、また法改正により、一般社団法人が増え、個人に近い協会も増えてきました。

このような背景から、
・古くから歴史がある協会、かつ、全国規模の協会であること
・私自身が資格を取得していること(AEAJセラピスト以外は全て資格取得済み)
というわけで、下記の協会をあげ、比較しました。

フランス式、イギリス式、それぞれのアロマを学べる協会をご紹介します。

(1)フランス式アロマテラピーを学べる協会

フランス式アロマテラピーの代表は、ナードアロマテラピー協会(NARD)でしょう!

ナードアロマテラピー協会(NARD)

ナードアロマテラピー協会(NardJapan)

1998年にスタートした日本で最も古いアロマ協会の一つです。
NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)は、ヨーロッパでのメディカルアロマテラピー研究機関NARD(Natural Aromatherapy Research and Development)の情報を日本で学べるようにと、設立されました。ベルギーに本社がある研究機関NARDは、ドミニック・ボドゥー博士が代表。毎年ボドゥー博士はナードセミナーで来日されます

ボドゥー
公式サイトで、人数を見つけられなかったのですが、2015年現在、会員数8,000人ほどだと記憶しています(セミナーで確認した記憶です・・・汗)

 

(2)イギリス式アロマテラピーを学べる協会

フランスで始まったアロマテラピーは、イギリスに伝わったのち、日本では1980年代に紹介されました。

日本で一番古いアロマ協会の一つで、日本で最大のアロマ協会は、アロマ環境協会(AEAJ)です。
アロマテラピー検定を行っている協会、といえば、アロマを学ぼうと思った方なら目にしたことがありますよね^^

日本アロマ環境協会(AEAJ)

日本アロマ環境協会(AEAJ)

番外編になりますが、環境カオリスタ検定もあります。2005年より、環境庁のもとで社団法人になった影響が大きいのかな~。
この協会は、日本で一番大きい規模の協会で、公式サイトによると、会員数57,278名(平成27年3月31日現在)です。

そして、日本アロマコーディネーター協会です。アロマ以外にも色々な資格を揃えているのが特徴といえますかね。
こちらも、1995年設立、と古くからあるアロマ協会の一つです。

日本アロマコーディネーター協会(JAA)

日本アロマコーディネーター協会(JAA)

公式サイトによると、会員数41,438名(平成27年2月現在)

(3)各協会認定の資格(受講時間)の比較

●ナードアロマテラピー協会(NardJapan)認定の資格一覧

ナードアロマ協会認定資格

資格以外の講座では、
・ベーシック(最初の入門コース)(各コース毎に6レッスン)
全5コース(フェイシャルスキンケア、ボディケア、ハウスケア、バスリラックス、ヘルスケア)
リラックス・トリートメント(受講:実技18時間)

 

 

●アロマ環境協会(AEAJ)認定の資格一覧
アロマ環境協会(AEAJ)認定資格
上記に加えて、2016年より新しく専門講座ができますが、試験はなく実技のみのようです。
・アロマ・ハンドセラピスト(受講5時間)
・アロマ・ブレンド・デザイナー(受講20時間)

 

●日本アロマコーディネーター協会(JAA)認定の資格一覧アロマコーディネーター(JAA)協会認定資格

アロマハンドリラックスは、他の協会ではセラピストにあたる全身ボディトリートメントになります。
その他、アーユルヴェーダ・アロマ検定や、介護アロマ、チャイルドコーディネーターなど、色々な分野があります。

 

(4)認定資格の受講時間数

●ナードアロマテラピー協会認定資格の各受講時間(協会規定の受講時間数)
アロマアドバイザー:24時間以上(各校により違います)
アロマ・インストラクター:48時間以上(各校により違います)
アロマ・セラピスト:84時間以上(各校により違います)
・アロマセラピスト・トレーナー:協会主催の認定講習あり

●アロマ環境協会(AEAJ)認定資格の各受講時間(協会規定の受講時間数)
・アロマ検定1級・2級(規定なし)
・アロマ・アドバイザー:3時間(協会主催or認定教室にて)
・アロマ・インストラクター:必須25時間以上、標準48時間(認定スクールにて)
・アロマ・セラピスト:必須30時間以上、標準146時間(認定スクールにて)

●日本アロマコーディネーター協会(JAA)資格の各受講時間(協会規定の受講時間数)
・アロマ・コーディネーター:30時間
・インストラクター:1日のみ(協会主催の講座)
・アロマ・ハンド・リラックス(AHR):24時間
・アロマ・フェイシャル・リラックス(AFR):24時間

 

(5)各協会の特徴と違い

●ナードアロマテラピー協会(Nard)
精油に含まれる化学成分を学ぶアロマです。フランス式アロマであることが、一番の特徴です。
規模が小さい協会ですが、勉強好きさんが集まっています。というのは、
インストラクター、セラピストコースを教えるための、トレーナー資格があるのは、ナードアロマテラピー協会だけなのです。マニアックかな学びともいわれます・・・(^^;
協会で統一したテキストです。精油辞典、資格ごとにある公式テキストは数年ごとに改訂し、最新の情報に更新されています。
また、協会でハーブ農場を持っているので、ナードアロマ協会会員向けに精油の蒸留を見学できる研修あります。

●アロマ環境協会(AEAJ)
癒しやホリスティクなイギリス系のアロマを学びます。アロマ検定を行っていることで知名度や協会の規模も日本最大の協会です。
以前は独学で試験を受験することが出来ましたが、改正により認定スクールにてインストラクターやセラピスト講座を受講が必要となりましたね。アロマ検定とアドバイザー講座は、認定教室の個人の教室でも可能ですが、インストラクターやセラピスト講座は
認定スクールの法人会員のみです。上級コースは、大手スクールが多いのが特徴です。

また、公式テキストは下記のアロマ検定用のみ以外にありません。
インストラクター、セラピスト用のテキストは、各スクール独自のオリジナルのテキストです。
 

●アロマコーディネーター協会(JAA)
アロマ環境協会と同じく、癒しやホリスティクなイギリス系のアロマを学びます。
こちらも大きい協会ですが、AEAJが大手スクール中心に対し、個人サロンや個人教室が多い違いがあります。

また、協会の理事が鍼灸師なせいか?介護アロマや膝ケアなど、東洋医学系の部分も含まれる、オリジナリティあるアロマな部分もあります。アロマ以外にチャイルドコーディネーターや、介護アロマ、アーユルヴェーダなど、多彩な学びがあります。

コーディネーターのテキストは、詳細は不明です(認定校ごとに一部違いがあるように思いますが、公式には不明)
ハンドリラックス、フェイシャルリラックスは協会統一の公式テキストがあります。
精油辞典は内容の改訂がなく、古い内容に思います。理由は、旧版のナードアロマ協会発行の精油辞典を参考にしているからです(aromatopiaに掲載されたJAA協会が発表した記事より)

 

アロマでセルフケア全4回の無料メールレッスンです^^

メルマガ

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表

ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。
フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。
アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪


体験レッスン

体験レッスン付き説明会(アロマ各コース)
12月14日(木)10:00-12:00
12月17日(日)10:00-12:00
上記以外の日程をご希望の方もお気軽にご相談ください。