【AromaTime部活動】植物園で精油のモトに出会う

今月4月におかげさまで、AromaTimeは12周年目を迎えることになりました!

 

部活動

 

新年度最初の部活動は、薬用植物園見学会

東京都最大の薬用植物園である東京薬科大学は、実は八王子市内にあるのです。
そして、AromaTimeからバスで15分の近さなので、この部活動だけでも年に5-6回は行く、川口自身が大好きな場所なんです!

小雨の中を決行したので、温室を中心に。
温室は狭いけれど、アロマセラピスト、アロマ好きさんなら、ムフフと嬉しいスポットですよ♪
(→AromaTime部活動にて、植物園観察会を行う理由)

シナモン・カッシア(精油の名前)

学名:Cinnamomum cassia
和名:トンキンニッケイ・肉桂(ニッケイ)
科名:クスノキ科
掲示板より:精油、タニニンを含み、桂皮アルデヒドには白血球を増やす作用がある。
漢方では発汗促進解熱剤に用いる。
シナモンカッシア
背がチビなので、下からの撮影になりました。
葉は裏側からパチリ(汗
シナモンカッシア葉
葉の表側はこんな感じです。
段ボール箱に落ち葉が集めて置いてあり、気軽に香りが体験できるのです!
少しちぎると香ります。嬉しいコーナーですね♪
シナモンカッシア
別の場所になりますが、樹皮も展示してありました。
見ると”これかぁ!”きっと今まで目にした方も多いかもしれませんね!

以上ご紹介したシナモンカッシアは、温室の中にあります。
もう一つのシナモンさんは、植物園入口すぐに出会えます♪

シナモン

学名:Cinnamomum sieboldii
科名:クスノキ科
和名:日本シナモン・肉桂(乾燥した根皮の部分)
掲示板より:乾燥した根皮を、肉桂まはた日本シナモンと呼ぶ。健胃・整腸に用いるほか、多くは漢方の処方に配合して用いる。成分は桂アルデヒドからなる精油を含む。

小雨のお天気でしたので、雨で濡れています。
下の写真が、根の部分です
シナモン根

パチュリ(精油の名前)

学名:Pogostemon cablin
科名:シソ科
和名:パチョリ、藿香(カッコウ)
看板より:インド原産の多年草。男性用の香水の香りがする。
パチュリー
葉を触り、こすってみたら、少し軽めですがパチュリーの香りでした!
独特のベースの香りのパチュリーは、配糖体の形で精油成分が含まれているので、発酵してから蒸留します。

植物と香りの繋がり

どうしてミカン科の樹木はトゲが多いのか?シソ科の特徴は?針葉樹って進化が古いの?精油成分って?
針葉樹とシソ科やキク科の精油成分の違いなどなど、植物と精油を繋げるお話を幅広く、多岐にわたってご紹介しました。

植物オタクだからね、話しちゃうのよ。。。

香りでイメージしていた植物に、実際の植物に会ってみると全くイメージと違っていた!との感想
文献や成分など文字情報ももちろん大事ですが、リアルで会う3次元の情報もまた違った理解が深まります。

今はネットでも動画も見られますが、空気感とか周りの環境も含め五感も使った情報は、莫大な情報量となります。アロマセラピストさん、アロマ好きさんなら、ぜひ!植物園やハーブ園を訪れて楽しんでくださいね!

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTimeスクール代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

体験レッスン

体験レッスン付き説明会(アロマ各コース)
10月21日(土)10:30-12:00
10月27日(金)10:30-12:00
上記以外の日程をご希望の方もお気軽にご相談くださいね