ローズマリー精油の使い分け(Nardアロマ・アドバイザーで学ぶ精油)

伝統的な使い方

認知症予防のアロマで、注目を浴びているローズマリー。
花言葉は”記憶”
古代エジプト人も使っていた最も古い薬草の一つです。
古代ギリシア、ローマ時代から、頭をスッキリさせ、記憶力を明晰にし、記憶力を高める、若さを保つハーブとして記録されてます。
ローズマリー

青いお花は、学名Ros(しずく)+marius(海の)にちなみ、海の波しぶきがかかった色といわれます。また別の説では、名前にあるマリーは、マリア様。マリア様にちなんだ青いお花です。
聖母マリアがヘロデ王の軍隊に追われ、幼いキリストとエジプトに逃れる途中の夜に、マリアが青いマントを白い花の咲く植物にかけて眠ったところ、翌朝、白い花がマントと同じ青色に変わっていたので、「ローズ・オブ・マリー」を呼ぶようになったという伝説があります。

世界最古の香水として、ローズマリーを使った”ハンガリアン・ウォーター”は”若返りの水”の伝説として知られています。

 

ローズマリー精油

プラナロム社から発売しているケモタイプ精油では、ローズマリー(Rosmarinus officinalis)は、3種類あります。
ケモタイプ精油とは、学名は同じですが、分析した精油の化学成分の組成が大きく違うものなので、成分により、使い方が変わります。メディカルアロマでは、精油の成分で使い分けるので、より効果的でより安全に使用できるようになります!

 

ローズマリー・カンファー

名前についているカンファーは、樟脳のこと。カンファーには、筋肉弛緩作用があります。
芳香浴などにすると、記憶力アップというか頭がすっきりする作用もあります。
また、植物油に希釈して皮膚塗布に使うと、筋肉弛緩作用のあるカンファーを含むために、私は肩こりケアに使っています♪

2)ローズマリー・ベルベノン

ベルベノンには、胆汁分泌促進作用があります。胆汁は、肝臓で作られて、小腸で脂肪を消化する消化液です。
脂っこいものを食べ過ぎと時や、年末年始の肝臓が気になる季節に、良く利用しています♪

 

3)ローズマリー・シネオール

この名前につくシネオールは、1,8シネオールといいます。ユーカリ・ラディアタにも80%位含まれています。
ユーカリといえば、風邪の季節に欠かせない代表格!こちらも同じく使ってます。
(ユーカリラディアタの方が、小さいお子様などには使いやすいです)

 

メディカルアロマとは

ご紹介した通り、同じローズマリー精油でも3種類違う使い方になりますね!
単にローズマリー精油だけで学ぶと、どのような場合に役に立つか、分かりにくく、使い分けができるためには、成分を学ぶことが有効です。
メディカルアロマでは、成分で選べ、目的に合わせた効果的な使い方ができるようになります。

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。
フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。
アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

【無料メールレッスン】頑張り屋さんのための植物の処方箋★アロマボディケア4ステップ

頑張り屋さんのための植物の処方箋、アロマボディケアの4つのステップ♪

全4回の無料メールレッスンを始めます^^

こんにちは!AromaTime川口三枝子です^^
川口三枝子

他人のために、頑張りすぎて疲れていませんか?
自分にも愛をかけていますか?

自分に充分な時間をかけるのって、難しいですよね。
私たちの現代の生活は忙しくて、なかなか自分自身について考える余地がありません。
頑張る自分なら価値があるように思えるけど、そのまま自分自身を受け入れるって難しい

アロマタイムでは、アロマテラピーを通して、「自分の健康を自分で守る」という主体的な生き方を提案しています。
自分自身を大切にするために、自然の植物からとれたアロマテラピーに頼ってみませんか?

植物たちがサポートしてくれるのは、身体の健康だけではなく、心や考え方の健康もです!
無理に頑張りすぎないそのままの自分を受け入れて”愛する私”でいられるので、ほっこり幸せな毎日を過ごせるようになれます。

こんな方にお勧めです♪

・お薬に頼らない自然療法を生活に取り入れたい方
・自分のセルフケアや家族に、アロマ生活を取り入れたい方
・成分から精油を選び、目的に合い根拠のある精油を選ぶ・使いこなしたい方
・もっと自分のココロの声・身体の声を聴きたい方
・机の上だけでなく、実際の植物に触れたり、実践して学びたい方

これらの想いをお持ちでしたら、このメールレッスンはあなたのお役に立つ内容になると思います!
なぜなら、私自身が植物に助けられて、そのままの自分自身を愛せるようになったからです。

効果があったアロマの処方箋を「4つのステップ」に分けて、具体的にレシピと解説をしながら、メールレッスン方式にてお届けします

メールレッスンの内容

1.アロマとの出会い(生理のトラブルレシピ)
2.仕事へのきっかけ(眠りのレシピ)
3.フランス式アロマとの出会い(痛みレシピ)
4.セルフメディケーションとしての植物の処方箋

<メールレッスンについて>
ご登録いただいた後、一日1レッスンずつをお届けいたします。
メールレッスンの購読中止は、メール本文からいつでも簡単にできます。

購読を決めるうえで、私について詳しく知りたいという方は下記のプロフィールやこちらのページをご参照ください。

このレッスンの後も、メールマガジンにて、”季節に応じたアロマのセルフケアの方法について”をお伝えしていますので、お役立ていただければ嬉しいです^