ゴース(Gorse、針金雀枝、針エニシダ)

ゴースGorse

(和名:針エニシダ.針金雀枝)

ゴースgorse

<針金雀枝(ゴース)タイプが出やすいマイナスポイント>

・希望がない事柄がある(または、そういう時期を過ごしてきた)
・取り組むことは諦めて、現状を受け入れている
・何年も慢性病をわずらっていて、治ることが期待できない

<針金雀枝(ゴース)のレメディを取り入れて表れるプラスポイント>

・困難に向かう意思の強さ
・新しいチャレンジがある、人生を楽しむ
・再び、前向きな気持ちが内側からわいてくる

<針金雀枝(ゴース)タイプの特徴、針金雀枝(ゴース)の植物の特徴>

長いあいだ病気と戦って頑張ってきたが、やはり治る見込みがないんだと悟り、心が萎えていくような希望を失われてきたような状況をサポートするレメディです。

病気は一例です。病気に限らず、誰にでも起こり得る状況です。例えば、小さい頃から自分の親の不幸な結婚を見て育てば、結婚自体に幸せをイメージしにくいかもしれません。

自分が幸せな結婚をするイメージを持ちにくい状況ですと、最初から”結婚には希望はない”と諦めた方が楽に思うこともあります。

自分の中に、こういうパターンを探して見ませんか?

 

針金雀枝(ハリエニシダ)という名前の通り、自分の身体(茎)に針を持ち、眠っていた感情を引っ掻き、目覚めさせようとします。

この針金雀枝(ゴース)のお花なレメディを飲むと、自分の中に眠らせたこと、自分の人生には起こりそうもないと諦めていたことに気がつくことができるようになります。

また、この針金雀枝(ゴース)のお花の咲く時期は、冬至から咲き始めます。

一年で一番夜の長い時期、一番暗い季節です。この寒くて暗い季節は、冬季性鬱病になりますいトキでもあります。私たちヒトも、太陽の光を浴びることでセロトニン(安らぎ、不足すると鬱の原因)を増やします。

一年で一番暗く、太陽の光が少ない冬至の季節から、針金雀枝(ゴース)は開花を始めるのです。

冬至を”一陽来復”ともいいます。これは、太陽が一番少なくなる点が冬至と言い換えられますが、この冬至を境にして太陽の光が増えていきます。そのため、太陽が再び復活するトキでもあるからです。

針金雀枝の名前通り、金色に輝くゴースのお花は、太陽が地上で復活するシンボルです。

この針金雀枝(ゴース)のお花は、自分の中に眠らせたこと、諦めていたことを見つけ出すとともに、もう一度、自分の内側から希望という炎を燃やすサポートをするレメディです。

眠らせないと諦められないこと気づき、もう一度 向き合い、情熱を持って取り組めるようになることで、自分の人生への情熱をより強めるようになることができます。
 
 

みぃちゃん
フラワーエッセンスをもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

フラワーエッセンスを学んで自分らしさを取り戻したい方はこちら
フラワーエッセンス講座

フラワーエッセンス体験会は、こちらから

フラワーエッセンス体験セッション

 

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。 植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

募集開始【2018年1月開講フラワーエッセンス講座】

他の人のために、頑張りすぎて疲れていませんか?‎

「本当に自分の心を満たしてくれるもの」を知っていますか?

自分の心を満たしてくれるもの
自分がやりたいこと

本質的な生き方を、植物から学んでみませんか?