ローズ(バラ)の起源と歴史

植物としてのローズ

ローズは、バラ科バラ属です。北半球の温帯地域に自生しています。
現在の品種は4万種以上あり、現在も毎年新種が登場して増え続けています。

原産地はヒマラヤと推測されています。
遡って元になった原種をみると、世界中で愛されるバラの元は、たった8種になります。
その中に、なんと日本のバラが2種あるのですよ!(驚)そして、アジアが半分の4種を占めています。
日本の原種①ノイバラは、一重の白バラで、房咲き性のルーツです。北海道で有名なハマナスはここから。
バラ原種1

そして、⑤ガリカ種と⑥フェニキア種から来ている⑦ダマスク種は、芳香性が高く、香水の原料になりますし、精油やローズウォーターにもなりますね^^
バラ原種2

人々に愛され続けたローズの歴史

バラの起源
バラの起源はかなり古く、最古のお花の一つです。
古代から人々に愛されてきました。一番古い記録はなんと、4,000年前になります!
ヴィーナス誕生
ボッチチェリ「ヴィーナス誕生」
ギリシャ神話では、このヴィーナスから生まれたのがバラなので、ヴィーナスの花とされています。

古代ギリシャ時代
AROMA(芳香)を特に好まれた。香りが病気を治す力とされていました。
西洋医学の父であるヒポクラテス(紀元前460年頃誕生)は、このローズを特に婦人科系の処方に使っていました。

古代エジプト時代
アレキサンダー大王:エジプトのプトレマイオス朝の最初の王様でもあります。
香りの研究に熱心で、彼の時代のコインには、バラが描かれいます。
アレキサンダー大王

クレオパトラ:エジプトのプトレマイオス朝の最後の女王です
ギリシャ文化の後継者でもあり、香りをとても愛していたのは有名ですね^^
寝室にバラを50cm敷き詰めたとか・・・!!!
クレオパトラ

 

・古代ローマ時代
熱狂的にバラを愛したのが、ローマ人です。
皇帝ネロのバラ好きは特に有名です
古代ローマ

・アラビア
イブン・シーナ(=アヴィケンナ)
蒸留方法の確立により、ローズウォーター(芳香蒸留水)が開発されました。

アラジンと魔法のランプ(アラビアンナイト)にもローズウォーターが登場しています^^
このランプからジーニーが現れてきたのを見て、アラジンの母が気絶してしまいます。
母の気付け薬としてローズウォーターが使われるのです♪
アラビアンナイト

・中世ヨーロッパ
修道院医学として発達した時代です。
修道女のヒルデガルドは、”バラは内用、外用問わず全ての薬剤に配合するが良い”と述べています。
修道女

シンボルとしてのバラ

中世以降のキリスト教 (赤バラ=殉職・白バラ=純潔)
赤バラ白バラ
バラの下で=「秘密に」という意味を持っていました
青いバラ=「不可能」という意味を持っていました
こちらは、サントリーが青バラを開発したことから成立しなくなってしまいましたね^^;;
青バラ

 

 

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。
フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。
アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

体験レッスン

体験レッスン付き説明会(アロマ各コース)
11月30日(木)10:30-12:00
上記以外の日程をご希望の方もお気軽にご相談ください。