ローズ(バラ)の起源と歴史

植物としてのローズ

ローズは、バラ科バラ属です。北半球の温帯地域に自生しています。
現在の品種は4万種以上あり、現在も毎年新種が登場して増え続けています。

原産地はヒマラヤと推測されています。
遡って元になった原種をみると、世界中で愛されるバラの元は、たった8種になります。
その中に、なんと日本のバラが2種あるのですよ!(驚)そして、アジアが半分の4種を占めています。
日本の原種①ノイバラは、一重の白バラで、房咲き性のルーツです。北海道で有名なハマナスはここから。
バラ原種1

そして、⑤ガリカ種と⑥フェニキア種から来ている⑦ダマスク種は、芳香性が高く、香水の原料になりますし、精油やローズウォーターにもなりますね^^
バラ原種2

人々に愛され続けたローズの歴史

バラの起源
バラの起源はかなり古く、最古のお花の一つです。
古代から人々に愛されてきました。一番古い記録はなんと、4,000年前になります!
ヴィーナス誕生
ボッチチェリ「ヴィーナス誕生」
ギリシャ神話では、このヴィーナスから生まれたのがバラなので、ヴィーナスの花とされています。

古代ギリシャ時代
AROMA(芳香)を特に好まれた。香りが病気を治す力とされていました。
西洋医学の父であるヒポクラテス(紀元前460年頃誕生)は、このローズを特に婦人科系の処方に使っていました。

古代エジプト時代
アレキサンダー大王:エジプトのプトレマイオス朝の最初の王様でもあります。
香りの研究に熱心で、彼の時代のコインには、バラが描かれいます。
アレキサンダー大王

クレオパトラ:エジプトのプトレマイオス朝の最後の女王です
ギリシャ文化の後継者でもあり、香りをとても愛していたのは有名ですね^^
寝室にバラを50cm敷き詰めたとか・・・!!!
クレオパトラ

 

・古代ローマ時代
熱狂的にバラを愛したのが、ローマ人です。
皇帝ネロのバラ好きは特に有名です
古代ローマ

・アラビア
イブン・シーナ(=アヴィケンナ)
蒸留方法の確立により、ローズウォーター(芳香蒸留水)が開発されました。

アラジンと魔法のランプ(アラビアンナイト)にもローズウォーターが登場しています^^
このランプからジーニーが現れてきたのを見て、アラジンの母が気絶してしまいます。
母の気付け薬としてローズウォーターが使われるのです♪
アラビアンナイト

・中世ヨーロッパ
修道院医学として発達した時代です。
修道女のヒルデガルドは、”バラは内用、外用問わず全ての薬剤に配合するが良い”と述べています。
修道女

シンボルとしてのバラ

中世以降のキリスト教 (赤バラ=殉職・白バラ=純潔)
赤バラ白バラ
バラの下で=「秘密に」という意味を持っていました
青いバラ=「不可能」という意味を持っていました
こちらは、サントリーが青バラを開発したことから成立しなくなってしまいましたね^^;;
青バラ

 

 

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTimeスクール代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

【無料メールレッスン】頑張り屋さんのための植物の処方箋★アロマボディケア4ステップ

頑張り屋さんのための植物の処方箋、アロマボディケアの4つのステップ♪

全4回の無料メールレッスンを始めます^^

こんにちは!AromaTime川口三枝子です^^
川口三枝子

他人のために、頑張りすぎて疲れていませんか?
自分にも愛をかけていますか?

自分に充分な時間をかけるのって、難しいですよね。
私たちの現代の生活は忙しくて、なかなか自分自身について考える余地がありません。
頑張る自分なら価値があるように思えるけど、そのまま自分自身を受け入れるって難しい

アロマタイムでは、アロマテラピーを通して、「自分の健康を自分で守る」という主体的な生き方を提案しています。
自分自身を大切にするために、自然の植物からとれたアロマテラピーに頼ってみませんか?

植物たちがサポートしてくれるのは、身体の健康だけではなく、心や考え方の健康もです!
無理に頑張りすぎないそのままの自分を受け入れて”愛する私”でいられるので、ほっこり幸せな毎日を過ごせるようになれます。

こんな方にお勧めです♪

・お薬に頼らない自然療法を生活に取り入れたい方
・自分のセルフケアや家族に、アロマ生活を取り入れたい方
・成分から精油を選び、目的に合い根拠のある精油を選ぶ・使いこなしたい方
・もっと自分のココロの声・身体の声を聴きたい方
・机の上だけでなく、実際の植物に触れたり、実践して学びたい方

これらの想いをお持ちでしたら、このメールレッスンはあなたのお役に立つ内容になると思います!
なぜなら、私自身が植物に助けられて、そのままの自分自身を愛せるようになったからです。

効果があったアロマの処方箋を「4つのステップ」に分けて、具体的にレシピと解説をしながら、メールレッスン方式にてお届けします

メールレッスンの内容

1.アロマとの出会い(生理のトラブルレシピ)
2.仕事へのきっかけ(眠りのレシピ)
3.フランス式アロマとの出会い(痛みレシピ)
4.セルフメディケーションとしての植物の処方箋

<メールレッスンについて>
ご登録いただいた後、一日1レッスンずつをお届けいたします。
メールレッスンの購読中止は、メール本文からいつでも簡単にできます。

購読を決めるうえで、私について詳しく知りたいという方は下記のプロフィールやこちらのページをご参照ください。

このレッスンの後も、メールマガジンにて、”季節に応じたアロマのセルフケアの方法について”をお伝えしていますので、お役立ていただければ嬉しいです^