助産師さんのシンボルの木

助産師さんのシンボルの木

1)助産師さんのシンボルの木

クローブの学名”Eugenia= ユージニア”は、女性の健康、出産と健康に関する専門家、つまり”助産師さんのシンボルの木”です。

クローブ精油は、クローブの花の蕾から採れます。
この蕾が釘の形に似ていることから、英語のクローブもフランス語クロウも”釘”の意味に由来するのです。
蕾はお花が咲く前の状態です。お花は植物の生殖器ですので、ヒトの生殖である出産という意味でも二重で重なる部分だなぁと思いました。
クローブ

2)クローブの精油成分

精油のクローブの主成分であるオイゲノールは、子宮収縮作用があります。
この作用により、出産時に役立つ精油です。

日本でも助産師さんが出産時に使うこともあります。実際に20年近く前に助産院で出産された生徒さんが、クローブの香りを確認して、塗った途端に陣痛がすごく来たんです!と思い出されていました。日本でも20年も前から使われているのですね^^

オイゲノールは殺菌作用がとても高いです。

3)クローブの精油成分

これからの感染症が気になるシーズンに良いですね!
オイゲノールは殺菌作用がとても高いです。
また、皮膚刺激がありますので、お部屋に香らせるのも良いですね。柑橘系と合わせるのがお薦めです。
ポマンダー
中世ヨーロッパではペストなどから身を守るのに、オレンジ・ポマンダーがお守りになっていました。
このポマンダーは、オレンジに乾燥したクローブの蕾を一面に刺して作ったものです。

また、このオイゲノールの香りは、落ち込んだ気持ちをアップする効果もあるのです。
ますます寒くなる季節になりますから、明るい気分になる柑橘系も合わさって、さらにお薦めです^^

 アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTimeスクール代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー
アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。
アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。

植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

体験レッスン

体験レッスン付き説明会(アロマ各コース)
10月21日(土)10:30-12:00
10月27日(金)10:30-12:00
上記以外の日程をご希望の方もお気軽にご相談くださいね