ジュニパー(Nardアロマアドバイザーで学ぶ精油)

ジュニパーは、ビャクシン属ヒノキ科の針葉樹です。
和名は、西洋杜松(ネズ)

ジンの香りは、ジュニパーの香りと表現されますね^^
実際に蒸留酒ジンの香り付けは、ジュニパーの乾燥した実を使います。
ジンの名前は、フランス語”genévrier=杜松”から、付けられました。

ジン

 

 

 

 

 

 

 

(1)学名

学名Juniperus commus
Juniperus
はヒノキ科の植物につく学名です。
communus=一般的な、普通のという意味。この名前が付く通り、ヨーロッパの寒い地域では、最も一般的なビャクシン属の種類です。

(2)成分

主成分は、うっ滞除去作用のあるモノテルペン炭化水素類が多いので、冷えやムクミの時に便利ですね。
また、膝の痛みなど、痛みケアにもよく使っています。

ハーブとしては、伝統的に泌尿器系ケアに使われてきました。
実際にジュニパーのハーブティーは利尿作用があります。
うっかり寝る前に飲んだことがありますが、トイレが近くてゆっくり眠れませんでした><;;

(3)植物

西洋杜松(ネズ)は、写真のように1cmくらいの青い実(球果)です。3年かけて熟します。
ドイツ語のジュニパーを表す”Wacholder”は、Wachal+tar=”目覚める木”という意味があり、特別な木でした。
古代ローマ、古代ギリシャ時代から、神殿や宮殿など特別な目的の為に使われていました。
こういう歴史を考えると、浄化のために利用されるのも分かりますね^^

ジュニパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★他の針葉樹のお話が気になる方はこちらもどうぞ

投稿が見つかりません。

★ブログにもあります!針葉樹のお話

アロマタイムでは、成分から学ぶメディカルアロマをお伝えしています



Follow me!

この記事を書いてる人

川口 三枝子
川口 三枝子ナード・アロマテラピー協会認定校AromaTime代表
ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。 植物オタクです♪趣味は、植物園巡り・緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪

体験レッスン

【2名限定】新春限定キャンペーン
アドバイザーコースの個別レッスン受講料を2.4万円割引します。
マンツーマンでしっかり学びたい方におすすめします!

体験レッスン付き説明会(アロマ各コース)日程
1月28日(日)10:30-12:00
1月30日(火)10:30-12:00
2月2日(金)10:30-12:00
上記以外の日程をご希望の方もお気軽にご相談ください。